理事会・常設委員会・部会

理事会

理事会は、商工会の日常の業務運営を担当する重要な機関であり、商工会の執行機関です。
理事会は、役員のうち会長1名、副会長2名、理事22名で構成され、必要に応じて会長が召集し、商工会の業務執行に関し重要な事項、規定の制定や改廃、総会の議決により理事会の議決を経ることとなった事項、総会に提案すべき事項等を審議します。商工会会員の加入や脱退の承認なども理事会で行います。

常設委員会

商工会の事業目的達成のためには、その重要事項についての種々の調査研究を行う必要があります。そのために必要な重要事項に関する調査研究の内容ごとにそれぞれ委員会を設け、その適正化を図っています。
滝沢市商工会の常設委員会は以下の通りです。

  • 総務委員会
  • 共済事業等推進委員会
  • 収益事業検討委員会

部会

商工会のそれぞれの事業の適切な改善発達を図るため、会員が営んでいる主要な業種ごとに次の部会を設置しております。

  • 商業部会(食料品・衣料・日用品など小売・卸業)
  • 工業部会(各種製造・工芸など)
  • サービス業部会(飲食・理美容・金融・自動車整備など)
  • 建設業部会(土木・建築・設備工事など)
  • 青年部
    青年部は、商工会の会員である商工業者(法人にあってはその役員)又はその親族で、その会員の営む事業に従事する年齢満40歳以下の方によって構成されています。
    商工業の後継者にふさわしい経営者としての資質向上を図る目的で、活動を行っています。
  • 女性部
    女性部は商工会の会員たる商工業者(法人にあってはその役員)若しくはその配偶者又は商工会の会員たる商工業者の親族であり、かつ、その会員の営む事業に従事する女性で構成されています。

商工会組織図