小切手とは

 多額で大量の現金の移動は労力を要し、盗難の危険が伴います。そこで額面を入れた一枚の「小切手」を現金の代わりとする仕組です。小切手を作成して使用する際には、その金額に見合うだけの資金をいつでも支払えることが必要です。

手形とは

 手形は小切手と違い、作成した時点で金額に見合った資金がなくとも、手形を振り出す会社等の信用力で支払いを先に延ばすことができる点が特徴です。先の特定日の支払いを約束とし、現実の出金を先に延ばす手段となります。よって手形には代金の支払いと信用取引という二つの機能があることになります。
 また、手形は定めた期限(支払期日)には必ず支払わなければなりません。もし期日に資金を用意できなかった場合(不渡り)は、その社会的な信用を失うことになります。そして6ヶ月以内に2回不渡りを出した場合、銀行との取引が出来なくなり(銀行取引停止処分)事実上の倒産となります。

小切手・手形・を振り出すには

 手形法・小切手法によれば、誰でもどんな用紙でも必要事項を漏れなく記載してあれば有効に振り出すことができますが、現実には銀行で交付する手形用紙(統一手形用紙)や小切手用紙しか振り出せないようになっています。

 そのためには、まず銀行に行って取引(当座勘定取引)の申し込みをし、口座(当座預金口座)をつくらなければなりません。銀行は当座勘定取引の申込みを受けると、申込み者の信用を調査し取引資格を判断します。そして問題なしとされた場合のみ、必要書類を提出のうえ手形用紙や小切手用紙を銀行から購入し、初めて手形・小切手を振り出すことができるようになります。