青色申告とは
青色申告とは、毎日の取引を帳簿に記録し、その記録にもとづいて自分の所得金額や税額を計算し、申告して納税をする制度です。
青色申告をすると、税法上数多くの特典が認められ税金が安くなります。
青色申告をして、日常の取引を帳簿に正しく記録することにより、企業経営の動向を 正しく把握することが出来、経営の合理化や融資を受ける際にも大変役立ちます。

国税庁 タックスアンサー
税金電話相談(タックスアンサー)で提供している税金の情報を掲載しています。


青色申告の特典
青色申告は、合理的な節税の第一歩であり白色申告にはない数々の特典があります。その中で、一般的に多くの利用されているものについて説明いたします。現在約50項目ある特典のうち、主なものは次のとおりです。
1 青色申告特別控除 2 青色専従者給与
3 貸倒引当金 4 純損失の繰越

◆ 青色申告特別控除
控除額は、正規の簿記の原則に従って記帳する場合…65万円、それ以外の場合…10万円


◆ 青色事業専従者給与
青色申告者と生計を共にする親族(15歳未満を除く)で、もっぱらその事業に従事している人への適正な給与について、全額必要経費になります。(白色申告の場合は事業専従者控除として最高50万円、配偶者専従者86万円が控除)

◆ 更正の制限・理由の付記
税務署は帳簿書類を実際に調べて誤りを具体的に示さなければ更正決定をすることができません。また更正をする場合でもその理由を通知書に記入しなければならないことになっています。
※更正とは---税務署が納税者から提出された決算書や確定申告書を検討し、記載内容に誤りがある場合に、所得金額や税額等を是正する手続きのこと。


◆ 純損失の繰越し控除と繰戻還付
その年の所得が赤字(純損失)の場合には、その赤字の金額を翌年以降3年間にわたって順次各年分の黒字の所得から控除することができます。また前年分も青色申告をしているときには、その年の純損失の金額または一部の金額を前年分に繰戻して、前年分の所得税額の還付を受け取ることができます。