二戸市商工会


TOPへ 民話目次へ

七日日(なのがぁび)

 七日日(なのがぁび)とは旧暦の七月七日のことをいう。又この日のことを七日盆ともいう。又この日のことを七日盆ともいう。

 昔はこの日は、七色の仕事をしていて、七回の川浴びをするという。一回浴びるごとに着替えして七回の着替えをするという。


そして又七回ご飯を食べるという風習が何時の頃から始まったものであろうか不明であるが、長い年月を経てきた貴重な郷土の風習「なのがぁび」の行事は、昭和二十年の終戦と共に消滅して行った。当時の七色の仕事の内、今残っているのが唯一、朝飯前の墓所の草取りだけとなってしまった。

 因みに今年の旧暦の七月七日(なのがぁび)は新暦のお盆の入り、八月十三日にあたる。


 では昔から行われて来た「なのがぁび」当日の七色の仕事と、その内容を記してみる。

(1)早朝、朝飯前に墓所の草取りと、墓地の中の土まんじゅうを盛り直して掃除して来る。 (2)通常人馬が歩いている山道等の草刈と、氏神様の参道や境内の草取りと道普譜等。 (3)家の垣内の草取りと、生け垣の枝の刈込み。 (4)障子戸の水洗いと、障子張り、並びに板の間の水洗い掃除。 (5)お盆棚に敷く菰(こも)と編む。 (6)掘井戸の中の大掃除とつるべ縄を新しいものと交換する。

 この井戸掃除は、各家庭で水を使用した後の午後三時頃、大人も子供も出て共同作業で井戸の底のごみをみな汲み上げて掃除して翌日まで使用しないで清水を貯える。

(7)夜は必ず手打ちハットを作る。

 この他、午後から八坂神社へ祭事委員が集まって、お盆続きのお祭り相談がある。この時祭事委員達が祭事の有無を決定する。昔は五穀の出来によって「居祭り」か「通し祭り」かを決めたものであった。昔は豊作年だけ神輿渡御が行われた。

 七日目からこうして六日後に旧盆を迎えるが、十三日の夕方盆棚を作って死者の精霊を迎える。新仏のある家では、十四日が暮れた夕刻、家の前で親戚たち集まって四十八燈籠を灯して供養する。十六日午後精霊送りをする。

夕方墓地へ行き送り火を灯して、夜は盆踊りが始まる。



次の昔話へ>>>

TOPへ 民話目次へ

本ホームページに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
すべての著作権は二戸市商工会に帰属します。

〒028−6101 岩手県二戸市福岡字横丁24  
TEL:0195−23−4361   FAX:0195−23−4363  
メールアドレス:nishoko@rnac.ne.jp
Copyright:(C) 2007二戸市商工会.All Rights Reserved.