二戸市商工会


TOPへ 民話目次へ

四戸城のこと

 金田一字舘の長寿寺と八坂神社裏方の高台に四戸城趾あり。その真ん中あたりと思われる場所に大きな石が城跡の象徴のように残っている。この石を通称「ベゴ石」と呼んでいる。

 四戸氏は、南部初代藩主、南部三郎光行公の四男、四戸孫四郎宗朝(南部)が、二戸郡四戸の郷を賜ったことにはじまるという。

四戸城は、南部二十二代政康が、現在の青森県五戸町浅水を本拠としていた四戸氏の何代目かは不明であるが、南部領南方の守りや、九戸氏の勢力の拡大などに対処する為に四戸城をこの地に築城させたとされており、九戸城跡とは直線距離で約五キロしか離れていない。


 「いつから四戸氏が、当地に移住したのかは確かでないが、築城は、南部二十二代政康公の代とすると一五〇〇年代頃より少し前ごろと見られます。」今から五二〇年前頃か?

 四戸城としての落城は、九戸城の落城(一五九一年)とやや時を同じくするが、四戸城の場合は十六代宗春の代に弟の金次郎が、南部史に「宗春は謀反に同調している」と流言を流したため、宗春が一族郎徒僅か十二人を従えて秋田へ遁れ秋田にて病死、子の十七代宗長は城主を継がず、八戸氏に寄食し、後、田名部に移り、転じて竹内藤右衛門の船に乗り、越前の新保に住し、武田氏と改め五十七歳で亡くなった。


 南部支族四戸氏の分流には武田、金田一、中野、糠塚、櫛引などの各氏があったという。

 九戸合戦後、南部二十六代信直公の治世中に武田彦三郎が二戸郡金田一村(現・二戸市金田一)を賜って後、武田氏を金田一氏と改む。又、城名も金田一城と変えることになります。

 多くの金田一氏は、この彦三郎の祖であるという。又、四戸氏支族の金田一氏もあって、金田一下館主の金田一弾正左門は、元四戸弾正左門が分流したものであるという。(現在の秋葉墓地)。因みに中館には切田小太郎(三百石)が居住。

 こうして四戸氏は、初代四戸孫四郎宗朝から十七代の宗長まで、約四百年間余り続いた四戸氏の歴史はここで終わった。今振り返ってみると、あれから又四百年余り経過して、現在に至っている。


次の昔話へ>>>

TOPへ 民話目次へ

本ホームページに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
すべての著作権は二戸市商工会に帰属します。

〒028−6101 岩手県二戸市福岡字横丁24  
TEL:0195−23−4361   FAX:0195−23−4363  
メールアドレス:nishoko@rnac.ne.jp
Copyright:(C) 2007二戸市商工会.All Rights Reserved.