二戸市商工会


TOPへ 民話目次へ

藩制時代の馬の牧場

 金田一上町の長寿寺入口より南に百米位の処を西方向へ右折すると沢田という地名あり。此の沢田より、約三キロ米位行くと右手側の方向は「沼ノ久保」部落がある。直進すると「柳沢」部落。ここから右折すると「長久保」部落に至る。此の最初の沼ノ久保に、藩制時代からの馬の放牧場だった跡が残っている。

 緩やかな傾斜地であるが、昔の人達は放牧場の柵を通称「土手」と呼んでいた。(土をもって作った高さ八尺(二・五米位)この土手の上に松並木が植えられている)この土手の中が放牧場である。馬はこの柵を跳越えることは不可能である。

この山の下の方には自然に湧き出る水呑場も整えられてあった。場所は、今は「池」となっている。


 初夏の草木が萌える頃になると当歳(一歳)の馬が一斉に大地の青々とした牧場に放され二歳の駒になるまで牧場の係達の行き届いた管理のもとに成長して行き駒になると牧場より連れ出されて、金田一の場合は駒焼場に集合させて上馬、中馬、下馬と分けられ、藩の証明である鉄製の焼印を駒の臀部に、どこの馬であるかを確認するための印を押した、という。

 仕分けされた駒は調教され乗馬となったり或は軍馬用となり、戦になると武器とまでなるのである。昔この放牧場だった山主は、金田一の某地主さんの所有であったようだが、今は個人の山のようで一部に造林している処もある。

 放牧地の面積は見当がつかないが、かなりの広さである。今も土手の上に松並木の残っている風景は少しであるが、昔の面影を偲ぶことが出来る。

私が子供の頃は土手も大分残ってあったが、今は山に林道が通り大分壊された部分もある。この頃の馬の牧場経営は、おそらく南部藩の指示によって当時の地主さんの山を借用して馬の生産に励んだものではなかろうか。

書物によると一放牧場に百二十頭から百五十頭位の馬が放牧されたとある。二戸郡内でも数カ所の牧場があり相当数の馬が居たものと思う。


 これが南部藩の馬産地といわれる所以であろう。こうして、中央から馬の要請に何時でもこたえていたのであろう。



次の昔話へ>>>

TOPへ 民話目次へ

本ホームページに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
すべての著作権は二戸市商工会に帰属します。

〒028−6101 岩手県二戸市福岡字横丁24  
TEL:0195−23−4361   FAX:0195−23−4363  
メールアドレス:nishoko@rnac.ne.jp
Copyright:(C) 2007二戸市商工会.All Rights Reserved.