二戸市商工会


TOPへ 民話目次へ

曲坂(マガチャカ)の女狐

 昭和十年頃の晩秋のことであった。山はもう落ち葉も終わっていた。或る時、知人等三人で金田一の裏山の曲坂(マガチャカ)へ薪(たきぎ)を取りに、弁当箱に常食の稗めしに味噌大根を詰込んで曲がりくねった坂を登ること二十分の処がたきぎ山だった。

此の辺りの山はほとんど金田一の某地主様の山で春先に部落の人達が雑木林を地主様よりたきぎとして買った。その場所の権利分を、春に切り倒せなかった残りの分をたきぎ取りをするのだった。冬の燃料として準備するのである。


 お昼頃になると、お互いに声をかけあって見晴らしの良い場所で昼食するのだが、この時連れの一人が風呂敷を解いて弁当箱が空っぽだと騒ぐ。包みもそのままの状態だったという。

「おかしいなあ」という。

今朝確かに詰めてきた筈だというが、皆は冗談交じりに空の弁当箱を持って来たのではなかったかと冷やかすが、「そんな筈がない」という。

辺りを見廻したが、その辺には何も見当たらない。他の誰かが食べて空っぽにしておいたかも知れないと疑ってみたが、ここには誰も来た様子はなかった。(だがこの頃は凶作続きの食糧難の時代なのでこういうこともあり得たのである。)

 無くなった物は仕方がないとお互いの弁当を分け合って食べたが、その日の夕方は皆腹六分目なので早めに家に帰った。

 そして翌日又たきぎ山へ行く。今日は昨日の事もあるので弁当箱は木の高い処に結わえておいた。たきぎ取りの鉈の音は高い山ほどよくひびく。

「かちん、かちん」と精を出している光景が音のひびきでよく分かる。遠くから誰かが「昼飯だよ・・・」と叫ぶと「おう」「えう」と答えて昨日と同じ場所で昼飯を食う。


此の時一人分の弁当箱の包みが木の根の傍に落ちていた。早速拾おうとすると軽い。

又やられた。

昨日とは別の一人の弁当箱が空っぽになってあった。此の時誰かが「これあ、まがちゃかまんこの女狐の仕業だ」という。

 昔から名に知られた先代の「まがちゃかまんこ」も大変な役者ぶりだったが、その後継の「まがちゃかまんこ」も此の時既に一人前の役者になっていた。


次の昔話へ>>>

TOPへ 民話目次へ

本ホームページに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
すべての著作権は二戸市商工会に帰属します。

〒028−6101 岩手県二戸市福岡字横丁24  
TEL:0195−23−4361   FAX:0195−23−4363  
メールアドレス:nishoko@rnac.ne.jp
Copyright:(C) 2007二戸市商工会.All Rights Reserved.