二戸市商工会


TOPへ 民話目次へ

饅頭を取られた母親 (其の二)

話は前に戻り、饅頭を背負った母親が長瀬橋を渡ると、何処からともなく人の騒ぎ声が聞こえてくる。

まだ暗くなったばかりなので、それ程恐怖を感じなかったが、小走りで先方へ急ぐと、丁度仁左平へ行くY字型の別れ道の処の道路上に、火を燃やしむしろを二、三枚も敷いてあろうか。そこへ若者らしい四、五人が座って大酒盛りをして賑やかにはしゃいでいた。

”あっ先き程の騒ぎ声はこれだったのか”と、先ず一安堵してその場を通り過ぎようとすると、「かが様一寸寄って行け」と声をかけられた。


 相手の顔など燃えている火の明かりでよく見えないが、男女が交じっているようだった。”早く病院へ行かなければ”と思いながらも、折角親切に声をかけてくれた好意を無にするわけにもゆかず、むしろに一寸座って、訳の分からないような雑談を聞いている内に、辺りはすっかり暗くなり、気が気でなかったが・・・。

 彼らの話の中に、「今武内さんの別当様から沢山頂いて来たものだ。」とむしろの上には酒の肴などが並べてあった。「遠慮しないで食え、飲め」と勧められた母親は、病院の事だけが気になって、食べることなく、病院で子供が待っているのでと断ってその場を立ち去った。

 駆け足で病院に急ぎ病室に入ると、娘が今日は一時間も遅いと不機嫌だったが、饅頭で喜ばせようと背負っていた風呂敷きを下ろす間もなく、千切れた饅頭がぼろぼろと落ちて、風呂敷を広げると殆どまともなものが、一つもなく、折角娘へと背負ってきた風呂敷きを見て、只呆然とするばかりだった。

あの大酒盛りは狐達だったのかと思った瞬間、背筋が寒くなり急に恐怖を感ずるのだった。

 娘には明日は早く饅頭を作って来るから、と約束して了解を得て共に夕食を済ませて床にはいる。

 翌日の朝、家に帰る途中昨夜の現場を見ると饅頭の欠けらなどが散乱していた。母親は昨夜の事を思い浮かべながら狐達も偉いものだと感心しながら家路に向かう。

その数日後、娘さんは間もなく全治退院した。


 今は、某さんへ嫁ぎ、息子夫婦と孫達と共に金田一に在住して円満な家庭を造られている。


<<<饅頭を取られた母親(其の一)へ戻る


次の昔話へ>>>

TOPへ 民話目次へ

本ホームページに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
すべての著作権は二戸市商工会に帰属します。

〒028−6101 岩手県二戸市福岡字横丁24  
TEL:0195−23−4361   FAX:0195−23−4363  
メールアドレス:nishoko@rnac.ne.jp
Copyright:(C) 2007二戸市商工会.All Rights Reserved.