二戸市商工会


TOPへ 民話目次へ

目時ナ爺様と狐 (其の二)

 だからといって恐怖を感ずるような目時ナではなかった。

 やがて中程まで降りて来ると、道の真中に高い山から崩れ落ちたと思われる大きな岩がある。ここから右頂上を振り返ると、今にも崩れ落ちそうな大岩が幾つも重なりあって、その岩の形が巨大恐竜にも見える処まで来ると、目時ナの背負っている叺(かます)を誰かが引っ張っているようである。

目時ナは人気がないのに叺の中の魚を取ろうとする狐の悪戯であろうと感じた。そこで、その場にどっかりと座って、煙管(キセル)を抜いて煙草に火をつけ一服をする。「狐は火を恐れる」と昔から言い伝えがある。

 それから心を落ち着けて再び坂を降り始めると、又背負っていた叺に何度も悪戯するのだが、なんとかして暗い道を気を着けながら降りて来ると、道は曲がりくねった堀割りとなり益々歩きにくく、あたりの雑木林は折かさぶるように茂っていて、歩くたびごとに、小枝がぱちぱち顔を叩く。

狐は叺を引っ張るので、目時ナたまりかねてマッチをこすっては火を見せるとどこかへ去っていくが、又悪戯する。

 なんとかして坂を降りて来ると、途中で藩政時代に病気で死んだ馬を埋めたという場所にさしかかり、(今も馬頭観音の石堂が建てられ供養された面影が偲ばれる)ここを通ると道は益々狭くなるが、目時ナは大変難儀をしてようやく鉄道際の道路に出た時はほっとした。

道は広くなり我が家へ帰った。

 叺をおろして見ると、叺は無惨にも使用出来ぬ程破れ、売れ残りの魚もちぎれてしまっていた。

 それ以来目時ナは行商での帰りを夕方早目に岩舘山を降りることにした。が、昔から此の道は徒歩での近道として菖蒲沢、外山、野々上方面の人達が多く利用し主要道であった。

 目時ナはこうして毎日早目に帰宅していたが、或る日どうしても都合があって帰途が遅くなり、岩舘山にさしかかった時は既に暗闇だったが、仕方なく坂を降り例の大岩の転げ落ちた場所へ来ると、目時ナ何思ったか、背負っていた叺を下ろし縄をとき始めた。中から一匹の魚を取り出し自分の前に置いた・・・。



目時ナ爺様と狐(其の三)へ続く>>>

<<<目時ナ爺様と狐(其の一)へ戻る

次の昔話へ>>>

TOPへ 民話目次へ

本ホームページに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
すべての著作権は二戸市商工会に帰属します。

〒028−6101 岩手県二戸市福岡字横丁24  
TEL:0195−23−4361   FAX:0195−23−4363  
メールアドレス:nishoko@rnac.ne.jp
Copyright:(C) 2007二戸市商工会.All Rights Reserved.