二戸市商工会


TOPへ 民話目次へ

蓑ヶ坂(其の一)

 岩手県北端青森県県境に釜沢と言う部落あり。

 昔、此の地に、南部一門の小笠原淡路守重清の居城があったところ。さらに北へ数百米行くと、旧国道中の難路”蓑ヶ坂”がある。明治天皇東北御巡幸の砌(みぎり)、大変難儀をして御輦を押し上げ奉ったと言う曲がりくねった急坂。現在、峠の上には明治天皇御巡幸の記念碑がある。

 話はずっと昔になる。旅人がこの峠にさしかかると俄に雨風がおこり、何時でも峠の上には新しい蓑と笠が置いてあって、旅人はこれ幸いとばかりにそれを身に着けると、最後には影も形も見えなくなると言うから、村人は不思議な淋しいことの一つとして語り合ってきた。

 峠の北斜面に坂から少し下った辺りに、深い林にかこまれた深さ幾百米とも知れない大きな沼があった。

岸の老杉の影を映していて、水面は鏡の如く静まりかえり、何となく身の毛のよだつような感じの沼である。誰言うこともなく「あの沼には主が住んでいるそうだ。」と語られていた。


 勿論其の姿を見た者はなかったのだが、特に南部藩士で禄高五十石を賜わり、盛岡市内下小路辺りに邸宅を持っている玉山昇と言う武士があった。
 
或る時南部家から使者として馬で五戸に行くことになり、此の峠へさしかかった。兼ねてより不思議な峠であることを噂に聞いていたので少しの油断もなく、槍をかまえて登って行った。


峠もはや上りつめる迄行っても雨も降らねば風も荒れない。「ハテ変だ、矢張りあれは噂に過ぎなかったのか。」と考えながら行くうちに、坂の傾斜も緩やかになったのでほっと一息。上を見ると実に醜き面相のいたこが降りて来た。「これだなあ。」と気を締めていると馬は急に後退りし、そのまま動こうとしない。

いたこは憎々しげに昇の顔を仰ぎ見て「けたけた」と笑った。「己れ、にっくき妖怪奴。」とばかり槍をしごいて一突き突けば「ギャッ」と叫んで姿は消えてしまったが、大事な槍は奪われてしまった。「これは困った。」と思ったが仕方がない。峠を降りて五戸に急いだ。

 峠の麓は大雨風で大騒ぎであった。五戸に着くともぐり人をたのんだ。きっと妖怪は沼に沈んだと睨んだからである。


蓑ヶ坂其の二へ続く >>>


次の昔話へ>>>

TOPへ 民話目次へ

本ホームページに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
すべての著作権は二戸市商工会に帰属します。

〒028−6101 岩手県二戸市福岡字横丁24  
TEL:0195−23−4361   FAX:0195−23−4363  
メールアドレス:nishoko@rnac.ne.jp
Copyright:(C) 2007二戸市商工会.All Rights Reserved.