金田一温泉は、寛永3年(1626)に発見され、田んぼから湯が沸いていたことから「湯田温泉」とも呼ばる歴史の古い温泉です。江戸時代には、南部藩の指定湯治場であったことから「侍の湯」として、多くの湯治客を癒し、親しまれてきた温泉です。また、当温泉郷の中には、「座敷わらし」が現れる旅館もあります。
 場所は、市の北側に位置し、国道4号線よりほど近い馬渕川沿いの、田園とりんご畑の広がる自然豊かな温泉地です。

下のメニューから温泉旅館・温泉名を選んでください


金田一温泉音頭

ホテル金田一

旅館
仙養舘

糾烹旅館
おぼない

きたぐに旅館

旅館ふじ

旅館松竹

スパドーム

ゆうゆう
ゆ〜らく
料金は変動していますので、直接旅館に確認して下さい。

ゆうゆうゆ〜らくにて開催している
湯の香市
金田一温泉郷には「さわやかトイレ」を完備しております。

戻 る→