長い歴史に培われた雑穀の栽培技術を活かし、地域に伝わる「食」を見直しながら本当の豊かさとは何かを求め、「安心」「安全」にこだわった郷土の味を、自信を持って皆様の食卓へお届けします。










 ITの活用例
課 題 解決策
 ■経営状況が把握できてない
 ■会計管理が不十分
 ■ITを活用した財務会計管理により経営
  状況を把握する
(ネットde記帳等)
 ■顧客対応が不十分
 ■顧客ニーズをつかんでいない
 ■ITを活用して販売情報を管理し、売れ筋
  商品を把握するITを活用して
顧客情報を
  管理し
、効率的な顧客サービスを実現する。
 ■広報宣伝が不十分
 ■自社の特徴をアピールできていない
 ■ホームページやブログを立ち上げて、自社
  の商品・サービス・技術をアピールする
 ■商品が売れない、中間マージンが大きい、販路
  が限られている、店舗の維持費が大きい。
 ■ネットショップを立ち上げて、直接消費者に
  販売することにより、中間業者を省いた直販
  になり、また物理的な店舗の維持費がかから
  ないため、店頭より安く、早く商品を提供できる。
 ■人材確保が困難  ■ホームページやブログで仕事の面白さ、
  やりがいをアピールして、優秀な人材を確保する
 ■旅行会社の対面販売業務は生産性が低く、
  繁忙期の待ち時間が長くサービスレベルの
  低下となっていた。
 販売管理業務のIT化により、業務のプロセス、
  ノウハウを分析
、電子カルテ(手配書)システム
   を導入し店舗での顧客サービスの充実を図った。
 ■経営の判断に時間がかかる。
  スピーディな戦略になっていない。
 ■ITの活用はOA化と言われた省力化から、更に進化
  戦略的にITを活用する時代になってきた。
  
電子メールの導入によりいつでも簡単に大勢と
  連絡がとれる、
グループウェアを導入すると社員
  のスケジュールを共有、経営の効率化が図れる。
 ■顧客情報がつかめていなかったため、販売
  情報、対応履歴が分からず、同じことを何回も
  聞いていた。
 ■顧客ニーズに対応したサービスを提供するため
  
顧客管理パッケージソフトを導入、顧客に関す
  る情報、販売履歴、対応履歴をきちんと管理でき
  必要に応じて簡単に取り出せる。
 ■自社の技術・サービスをアピールできず、既存
  顧客との取引が少なくなっており売上が下が
  っている。
 ■自社ホームページの立ち上げで会社、及び自社
  の技術をアピール新しい顧客の開拓に繋がった。
  ポイントは、見る側にたった
魅力的なホームペー
  ジ
を作成する、また定期的に内容を更新していく
  検索エンジンにヒットしやすいSEO対策も必要。
 ■ホームページはあるが、あまり売上は上がら
  ない。
 ■現状の課題、つまりお客目線、定期的な更新、SEO
  対策などを分析、
ホームページの見直しにより、
  視聴が高まり、売上の増加に繋がった。
 ■既存の販路が限定されており、地方の景気悪化
  に伴い、売上が大きく下降してきた。
 インターネットショップを開設、きれいな写真、
  丁寧な商品説明により商品をアピール、メール問
  合せ、きめ細かな送料、決済方法の説明により、
  新規顧客の獲得に成功、売上が大きく伸びた。



このサイトは 「軽米町商工会」 が運営しています。
〒028-6302 岩手県九戸郡軽米町大字軽米4-47
TEL 0195-46-2711(戟@FAX 0195-46-3459  

Copyright (C) 2009 軽米町商工会 All Rights Reserved