かねがさきの民話 〜鎌倉権五郎目洗の池〜

鎌倉権五郎目洗の池

 今からざっと千年近くも前のことだずも。安部貞任、宗任が負けた前九年の役のあと、その功によって、このあたりを治めていだのは秋田の清原氏だったずも。ところが、内輪もめがおぎで、陸奥守として国から下ってきた源義家と戦になってしまったずもや。「後三年の役」と呼ばれる合戦だっだど。

 このどき、義家軍の中に鎌倉権五郎景正という人がいたったずも。まだ十六歳になったばかりだったずども、なんとも勇ましくて、いろんなどごの合戦で名をあげでだっだど。

 金ヶ崎での戦のどき、権五郎は敵に矢で右目を射られてしまったずも。すぐに抜くべとしたずども、深くささってで、さっぱ抜けねがったずも。仕方ねぇがら矢を途中から折って、その敵を追いかげでって討ち取ってしまったど。矢はまだささってで、血はだらだらど出はるし、いでぇし、さすがの権五郎も倒れてしまったど。

友達の三浦為継が残っでる矢を抜こうとしたずども、やっぱ抜けねがったずも。為継はなんとしても抜いでやりたいと思って、権五郎の顔さワラジばきの足をかけて、踏ん張って引っ張ったど。したればなんと、権五郎は刀を抜いて為継を突き殺そうとしたずもや。

 為継はたんまげで「ひとがせっかぐ矢を抜いてやるべとしてるのになんだべ」と怒鳴ったど。すると権五郎は、苦しそうにぜいぜいしながらこう言ったずも。「戦で刀や矢で死ぬのは当たり前だ。だども、生きでで顔を踏まれるのは、武士として恥ずかしめも甚だしい。だからお前を殺して、ともに死のうとしたのだ」と。

 そこで為継は、権五郎のそばさひざまづいで、エイッと矢を抜いてやったずも。それがら、こんこんと涌き出るきれいな泉で目を洗ってやったずも。したれば、たちまちのうちにつぶれた目が直ってしまったんだと。

 本宮観音堂前の城堰のほとりに「伝・鎌倉権五郎目洗いの池」と書かれた標柱があますぺ。こごがその泉の跡だどっしゃ。



Copyright (C)2001.Kanegasaki Town society of commerce and industry
E-mailFkanesho@lily.ocn.ne.jp