10月〜12月の行事


月 日 行      事 食      物 写真
10月20日 夷(えびす)講・福神祭りと云って、親類、出入りの者を招いて饗応する。商家では特に祝う。 必ず頭のついた魚を供物とする。料理にも用いる。  
11月24日 大師講・この日初めて浅漬けの蓋を開ける習慣である。 小豆粥、又はウキウキダンゴを作る。これに桃の木の箸を3本つけて供える。  
12月 2日 稲荷様年越 豆シトゲを作って食べる。  
12月 5日 恵飛須様年越 頭のついた魚を用いて供物とする。料理は総て魚料理。  
12月 8日 薬師講・この日医者に借金のある人は支払いをする習慣である。この日医者の家ではお祝いをする。    
12月 9日 大黒様年越 総て野菜料理である。必ず豆腐のデンガクを供える。決して魚類を使用しない。二股の大根をお膳につけて供える。
12月12日 山神年越 頭付の魚類を用う。又、米の粉で作った生の尽の水シトゲを12作って供養とする。
12月14日 八坂様年越    
12月15日 八幡様年越    
12月16日 おしら様年越 小豆料理である。  
12月
25〜27日
煤搗    
12月28日 餅搗    
12月30日 大晦日・1年の収支決算の日である。 魚料理をする。ミダマメシ(オムスビを12作り、箸を1本ずつさす)を供える。夜食はソバを食べる。  

戻る