一戸機関区

一戸機関区


かつて一戸には「一戸機関区」があった。その歴史は明治45年(1912年)4月に「盛岡機関区一戸給水転向所」として始まる。昭和20年(1945年)9月には「盛岡機関区一戸支区」となり、さらに同22年(1947年)11月「一戸機関区」として独立した。

 当時は蒸気機関車(SL)の時代。D50、D51など9両の蒸気機関車がここに配置されていたのだという。一戸に機関区が設けられた理由は東北本線で一番の難所と言われた十三本木峠(中山峠)があったからだ。この難所を3台の機関車の力で1,000トンもの重量を引っ張り乗り越えた。十三本木峠を黒煙を吐いて登る「三重連の雄姿は」鉄道マニア達の格好の被写体でもあった。

 この十三本木峠を挟んだ、一戸と沼宮内にはそれぞれ機関区があり、これから峠を登る列車には給水などと共に更に一台の蒸気機関車を連結し三重連とした。一方峠を下りてきた列車からは1台の補機を切り離し二重連として送り出すという重要な仕事を行っていたが、昭和43年10月(1968年)東北線の電化・複線化に伴い縮小し、「盛岡機関区一戸支区」に、更に同45年(1970年)には「盛岡機関区一戸派出所」となる。そして、同57年11月(1982年)一戸機関区は全廃となった。


戻る